海外赴任で車を海外にもって行きたい

単身赴任は日本国内のみとは限りませんよね。 海外単身赴任もあります。

海外単身赴任し、知っておくと便利な各種手続きに関することです。

住民票や社会保険などは市区町村の窓口で届出をします。
長期の単身赴任である場合は、必ず申告をしてみましょう。
短い単身赴任である場合は、窓口で相談しましょう。

自家用車を海外にもって行くときはどうすればよいでしょうか。
まず日本国内で廃車手続きを実行します。

単身赴任先の国で車両検査を受ける必要があります。

検査のための規制の厳しい国もあり、強制送還される場合や、排出ガス対応およびその他の部品の取り付けなどの指示をうける場合があります。

もし、もって行けなくなったらどうしますか?
そういう場合は自動車買い取り業者に買い取ってもらいましょう。
インターネットでのオンライン査定が便利なので利用してみるのも良いでしょう。
そして、買い取って貰ったお金で赴任先にて新しい車を購入するのです。

オンライン査定はこういった業者がおススメ
carview(カービュー)の事故車買取サービス
車買い取りNo.1のガリバー

運転免許証の詳細については、日本での国際運転免許証を事前に取得します。
それぞれの国の運転免許試験所に、日本での運転免許証、パスポート、写真などを持参する必要があります。

現地で交付申請書を作成すると、印紙代を支払えば、国際運転免許証の交付を受けることができます。 海外に赴任している間に、日本の免許証の期限が切れた場合、帰国後1ヵ月以内にの回復の申請をしてください。

海外引越しをするときにも、各運送会社の海外移転などのサービスパックを展開しています。
荷物の量や移動距離、保険料などのさまざまなサービスを選択することができます。
まずは何ヶ所かの会社に見積もりを依頼してみることをお勧めします。

このように海外単身赴任の場合、一般的な国内の単身赴任に加えて多くの手順をおっての手続きが必要です。 事前に必要事項を記載して赴任当日までのすべてを完了するように計画します。