自賠責保険の有効期限と廃車

車に乗るに当たり、節約することができないのが自賠責保険です。

いわゆる強制保険と呼ばれ、その保険料を払っていない車に乗ることができません。この保険は、人を対象に作成されたもので、物には適用されなくて、被害者の救済を目的とする保険です。

車検の際に、一定期間の保険料を支払います。お金が無くて支払うことができないという言い訳は通りません。
保険料は通常、普通車や軽自動車で異なり、会社によって異なることはありません。
自賠責保険は死亡率の場合、合計金額3000万円、障害の場合には、合計120万円まで保障されます。

しかし、自賠責保険のみでは、実際の事故発生時の負担がかかるので、任意の自動車保険に加入している人が大勢います。
自動車保険会社によって保証内容と保険料が変わってくるので、節約するなら自動車保険です。

さて、自賠責保険ですが、保険は返戻金というものがあるのをご存知ですか?
保険の有効期限が1ヶ月以上残っている車を廃車した場合には、返戻金として、お金が戻ることです。
一緒に支払った車検は、自賠責を含む自動車税、重量税も含まれています。

廃車時に車検がまだ残っている場合は、自賠責はもちろん、自動車税、重量税もお金が戻ってくるのです。

例え、この車が事故車や故障車でも戻ります。
そんな車を購入する業者はほとんどありませんね。

自賠責保険など、戻ってくるものはきちんと知っおくべきです。
何も知らなくて損をしたということにならない様にしましょう。