自動車税を滞納している間、車検の時期が来た場合は、どのような対処をすればよいでしょう。困惑する人がいると思うのですが、その事について少し解説したいと思います。

自動車税を滞納している場合、車および財産等などを差し押さえられる場合があります。押さえられる場合は、通常、車検は受けられません。なぜ車検を受けられないかと言うと、車検を受ける時の条件で、自動車税の納付したという納税証明書が必要なためです。

そうすると自動車税を滞納する。そして、車検を受けられない。結果、車検が切れる。そして、車検の切れた車を仕方なく運転する。と言う状況になってしまうのです。

そのような車を運転し、万が一の事故などが発生してしまうと、とてもも悲惨な結果を招いてしまいます。
どのような事かというと、事故の損害賠償を支払うことになった場合、その金額が一生かかっても支払うことができないほど多額であるためです。

ですので、そう言う事にならない為にも、自動車税は適切に納付する必要があるこという事です。もし支払うことが期限内に行うことができない場合は、支払うまで運転しないことが重要です。

自動車税を滞納して車検を受けることがないと言う場合は、とにかく「税金を払う」とにかくこれに尽きます。
そして、最良の方法だと思います。