自動車税を滞納した場合

自動車税を滞納した場合の延滞金がが追加され、車を差し押さえられてしまう場合があります。
実際には東京で自動車税滞納者に対して罰則を強化するという対処を実行しているそうです。

自動車税は遅れなしできちんと支払われる、これが私たち、車を運転する者の対処方法であり、速やかに支払いましょう。また、期限内に支払えない場合にも、なるべく早めに支払いします。

実際には、自動車税を滞納して何度も行われた督促状について支払いがない場合は、財産の差し押さえとして、車本体が差し押さえられる場合があります。
これによって差し押さえられた車はその後納税した場合は返却されますが、納税していない場合には、インターネットオークションなどで公売にかけられるようです。

そういう車を差し押さえる措置については、回収する側が滞納している個人または事業所などに直接出向いて、差し押さえをすることを勧告し、納税の意思があるかどうかを確認します。

その場合、納税の意志がない場合は、車を差し押さえてオークションなどで公売して、対処するそうです。従って急に差し押さえられ、公売にかけられるわけではないので、その点は安心できるところだと思います。

オークションで売れた場合、その金額が納税額よりも多いケースが多いと考えられるのでこのような場合には、差し引いた金額を車の所有者に返金しているようです。