自動車税の滞納と廃車

春になると自動車税の納付時期が近づくので、気が滅入りますよね。「また、支払う必要があるか~」と思ってしまします。

そんな時、自動車税を支払いたくないが為に、滞納する人もいると思います。

もし自動車税を滞納すると、どのような事になるのか話します。

自動車税の過失によって延滞損害金といって、利息のようなものが発生し、自動車税に追加して支払いが必要になることがあります。また、延滞損害金の率というものが非常に高いので、滞納していると損することになるのです。

そして延滞損害金が追加された督促状が都道府県から郵送されるようになります。これらの督促状を無視し、滞納した場合には、最悪の場合、車や預金などの財産が差し押さえされる場合があります。

上記のように非常に厳しいので、滞納せずにキチンと支払った方がいいのです。

ここで少し注意しなければならないことがあります。自動車税を滞納している間に車を廃車しようとしても、既定では、車を差し押さえされていた場合には、廃車はできません。

廃車をしてしまうと自動車税を支払う必要がないと考えるでしょうが、実際には、少なくとも車を持っていた月まで税金がかかりますので、最終的に支払をする羽目になるのです。